勤務医の独立開業|自動制御システムを利用して人件費を削減しよう
男女

自動制御システムを利用して人件費を削減しよう

勤務医の独立開業

病院

総合病院などで診療のスキルを十分に高めた勤務医にとっては、クリニックの開業に向けた準備を始めるのが次のステップです。独立開業の夢をスムーズに実現するには専門知識が必要なので、クリニック開業を支援するコンサルタントのサポートが役立つでしょう。コンサルタントに相談するときのポイントは、物件の取得や資金調達なども含めて、スケジュールを具体化することです。半年から1年程度で開業するのが一般的であり、その場合には自己資金も含めて5000万円前後の資金を確保するのが理想的です。また開業に適した賃貸物件を見つけるだけではなくて、看護師や事務スタッフの募集や、ウェブサイトの作成なども並行して進めるのが良い方法です。

事業用の不動産情報サイトを活用するのが、クリニックの開業に最適な50坪から100坪の物件をスムーズに見つけるコツです。契約前に大家と諸条件についてじっくりと交渉を進めることで、都市部の優良物件であっても、提示された家賃よりも割安に入居できるでしょう。スケルトン物件に入居する場合には内装工事に時間がかかるので、コンサルタントのサポートも受けながら、早めに施工業者を手配するべきです。ハイレベルな検査を行いたいと考える開業医にとっては、CTなどの検査機器の調達も大きなテーマです。医療機器メーカーの営業担当者とコンタクトを取りながら、クリニックのコンセプトに合わせて、必要な設備を充実させる取り組みも求められるでしょう。